船橋市の歯科医院|矯正歯科 インプラント 一般歯科治療

オンライン予約

アクセス・駐車場 無料メール相談

歯を抜かない矯正・床矯正

ご自身で取り外しできるのが 「床矯正装置」 。アゴが小さいなどの理由で、本来まっすぐ生えるべき歯が、きれいに並ぶだけのスペースがない時に行います。床矯正では、歯を抜きません。装置を使ってアゴを広げ、スペースを作り、歯をきれいに並べていくのです。 下写真のような装置です。 ネジの仕掛けがついており、装置を広げることで、顎を大きくします。

これをお使いいただくと顎が広がり、歯の凸凹を防ぐことができます。

shoukyouseiAshoukyouseiB

 この 「床矯正」 は、適切に行えばメリットが多い反面、巷ではトラブルをたくさん耳にするのも事実です。  なぜなら、この装置だけですべての凸凹を直すことができると、誤解している歯科医師が多いためです。

床矯正は歯を抜かなくて済むこと、治療費が手ごろなことから、お子さんの歯並びを心配されているご家庭には、とても魅力的な方法です。しかし最近、歯科医の間では、安易に患者さんへ床矯正をすすめるケースが増えてきたと聞きます。実際は、床矯正が適応しない場合もありますから、もし歯医者さんで床矯正をすすめられたら、治療に入る前に、床矯正だけで本当に完治するのかや、思うように治らなかった場合、次の一手をどうするのかなどを、きちんと説明してもらいましょう。いくつかの歯医者さんをまわって、話を聞いてみてもいいでしょう。

下写真は、床矯正を3年間行ったのに、当時の担当医から「これ以上は無理です」と言われ、当歯科室へいらした方のものです。

discrepancy このように、歯の大きさが通常よりも大きかった場合、口元から歯が飛び出して見えることが起こりますので、注意が必要です。

顎の成長や歯の大きさには個人差が大きく、また、正確に予測することができません。

当歯科室では、将来起こり得ることを十分にご説明し、さらにもし治らなかったときはどのような治療が必要になるかまで、しっかりご説明した上で床矯正を行います。

 

「床矯正治療」を検討している。勧められている方に参考にしていただきたい「患者様の声です」

ぜひコチラもお読みください。

 

「咬み合わせが気になったら読む本」(齋藤幸彦室長著)のご紹介