インビザラインファーストINVISALIGN FIRST

インビザラインファースト(マウスピース矯正)についてOVERVIEW

インビザラインファースト

子供のマウスピース矯正インビザラインファーストの登場により、今まで永久歯の歯並びになるのを待たなければ、使用できなかったマウスピース矯正が、上の前歯が生えてくる時期である小学校低学年から使用する事ができるようになりました。
今までの小学生の矯正治療は入れ歯のような拡大床という装置やワイヤー装置で行っていたのが一般的でした。小学校低学年の子供は永久歯と乳歯が混在した時期であるためマウスピース治療の適応ではありませんでした。
インビザラインファーストの治療期間は1年半以内を目安にしています。クリアなマウスピースを交換しながら歯列の矯正を行なっていきます。

|インビザラインファースト(マウスピース矯正)のメリット|

  • 抜歯をしないで治療ができる

    1【抜歯をしないで治療ができる】

    ガタガタした歯並びは、歯の大きさが歯の埋まっている土台である骨の大きさと合っていない時におこります。成長期の子供は、骨の成長を助けてあげることにより土台を大きくして、永久歯が生えてきた時に抜歯せずに綺麗に歯を並べられる可能性を高めることができます。これは歯の成長が終了している大人にはできない治療となります。子供のうちにインビザラインファーストで土台を大きくしておくことで、その後の矯正治療の難易度を下げることができます。また子供のうちに矯正治療を終了できることもあります。

  • 横顔を綺麗に見せることができる

    2【横顔を綺麗にみせることができる】

    矯正治療は、歯の凹凸の治療だけではありません。
    不正咬合のうち出っ歯や受け口は、上下の骨の大きさのバランスが悪くて起こる事も多く見られます。顎の大きさを変えられない大人の矯正治療の場合、こういった治療する場合には、歯の向きを変えながら、かみ合わせを整えていく事となります。
    しかし、かみ合わせを整える事はできたとしても骨の位置は変わらないため、下あごが出ているとか、引っ込んでいるというような横顔の見た目を綺麗に見せることはできません。横顔の見た目を変えたいなら、外科手術を組み合わせる事となり、体の負担は非常に大きくなります。インビザラインファーストのような子供の矯正治療の場合、上下のあごの成長をある程度コントロールできるため、綺麗な上下のあごのバランスに近づけることができます。
    (遺伝的要因を打ち消すことは出来ません。)

  • 歯の動きが大人より早い

    3【歯の動きが大人より速い】

    子供の骨は成長途中で成人よりも柔らかいため、歯にかかる力も弱くて済みます。また歯の移動も大人より早く、治療期間を短くできる可能性が高いので、治療適応でしたらインビザラインファーストで早期に治療を開始することをお勧めいたします。
    矯正治療で予期せず起こる歯肉退縮や歯根吸収のリスクも低くなります。

  • 綺麗な歯並びでいられる時間が長い

    4【綺麗な歯並びでいられる時間が長い】

    子供のうちにインビザラインファーストで矯正治療を行い、コンプレックスを解消する事で、思春期に歯並びにコンプレックスを感じずに生活することができます。
    また、歯並びを良くすることで口内の衛生状態も良くなり、将来虫歯や歯周病のリスクを小さくする事ができます。

|インビザラインファースト(マウスピース矯正)の注意点・デメリット|

  • 治療費が保険適用にならない

    1【治療費が保険適用にならない】

    インビザラインファーストは自費治療となり、健康保険は使用できません。

  • 開始するタイミングが限られている

    2【開始するタイミングが限られている】

    インビザラインファーストでは治療期間が1年半程度、適応する年代が小学校低学年に限られているため、開始するタイミングが難しくなります。

  • 歯だけではなく骨格にずれがある場合

    3【装置を使わないと治らない】

    インビザライン同様、インビザラインファーストでも、1日20時間以上装着することができないと満足のいく治療効果が得られない可能性があります。

インビザラインファースト

|インビザラインファースト(マウスピース矯正)FAQ|

  • Question

    子供が自分で付け外しができますか?すぐに外れたりはしませんか?

    Anwer

    付け外しはお子様が一人でできます。最初は必ず指で押してはめる、また外す際は必ず奥歯から外すなど、付け外しをするコツがありますが慣れれば難しくありません。
    生え変わり期間中の治療であるインビザラインファーストのマウスピースでは現在生えている歯の本数が少ないと外れやすい場合があります。
    また、噛み合わせが深い、出っ歯などもともとの歯の状態によっても外れやすい場合がありますが、できる限り外れにくくなるように装置の位置や形の調整を行います。

  • Question

    インビザラインファーストの治療では新しい歯に生え変わるごとに歯型を取り直す必要がありますか?また、虫歯の治療をした場合も新たに型取りが必要でしょうか?

    Anwer

    歯が生え変わるごとに必ずしも型取りは必要ではありません。
    虫歯の治療をした場合も同じです。しかし治療途中で何回かは必要に応じて型取りをする場合があります。

  • Question

    インビザラインファーストの治療中、やってはいけない習い事や部活はありますか?

    Anwer

    ワイヤー矯正に比べてスポーツや吹奏楽に対する影響は少ないと言えます。マウスピースを装着したままでもスポーツや吹奏楽はできますが、大事な試合や発表会の時などはマウスピースを外してできるのでその時に応じて対応されてください。
    ただし、1日最低でも20時間の装着が必要となります。

  • Question

    まだ前歯が永久歯に生え変わっていませんがインビザラインファーストで治療できますか?

    Anwer

    インビザラインファーストの治療ができるようになるまで待たず、先に別の方法で治療を始めた方がよい場合があります。詳しくは個別にご相談いたします。

  • Question

    インビザラインファーストでは対応することができない歯並びや治せない歯並びはありますか?

    Anwer

    前歯8本が永久歯に生え変わるまで、インビザラインファーストで治療はできません。受け口の改善もマウスピースを使用した矯正だけでは困難が見込まれます。