歯を抜かない矯正・床矯正SHOUKYOUSEI

床矯正とはOVERVIEW

床矯正(しょうきょうせい)はご自身で取り外しのできる床矯正装置を使って顎を広げ、スペースを作り、歯の凸凹を防ぐ治療法です。顎が小さいなどの理由で、本来まっすぐ生えるべき歯が、きれいに並ぶだけのスペースがないときに行います。床矯正装置にはネジの仕掛けがついており、これで装置の大きさを調節して徐々に顎を広げていきます。

|注意点|

床矯正は歯を抜かなくて済むこと、治療費が手ごろなことから、お子さんの歯並びを心配されている親御さんにとって魅力的な治療法です。しかし最近、安易に患者さんへ床矯正をすすめる歯医者が増えてきたとも聞きます。床矯正には向き不向きがあり、歯の大きさが通常よりも大きかった場合、口元から歯が飛び出して見えることが起こります。
また顎の成長や歯の大きさには個人差が大きく、正確に予測することもできないため、実際には床矯正を適用しないほうが良かったというケースもあります。当室では事前に床矯正だけで完治できるかどうかの検討を行い、患者さんへ将来起こりうることも含めてしっかりご説明した上で治療に入ります。