船橋市の歯科医院|矯正歯科 インプラント 一般歯科治療

オンライン予約

アクセス・駐車場 無料メール相談

金属アレルギー

■金属アレルギーとは?
金属そのものは身体に無害ですが、汗や唾液などによって金属がイオン化すると、金属の成分が皮膚を通して体内に入っていきます。金属アレルギーだという自覚はなくても、夏などに汗をかいたあと、アクセサリーや時計、ベルトのバックル、ジーパンの金具、眼鏡の金属部分など、肌に触れていたところが赤くなったり、かゆくなったりした経験がありませんか?

体内に取り込まれた金属イオンは、身体の中にあるたんぱく質と結合します。この「金属+たんぱく質」という新しい物質を身体は「異常なもの」と認識し、次に同じ金属が体内に入ってきてたんぱく質と結合した時に、身体がこの「金属+たんぱく質=異常なもの」を攻撃し、同時に皮膚や粘膜を破壊してしまうこと。これが金属アレルギーのメカニズムです。

■歯科金属アレルギー治療について
口の中は常に一定の温度に保たれ、しかも常に湿っています。高温で多湿な環境に金属を置いておくと、錆びたり劣化したりするのは想像できると思います。それと同じ状況が、あなたの口の中でも起こっている可能性があります。

歯科金属検査やパッチテスト、毛髪ミネラル検査、リンパ球幼弱化テストなどでアレルギーの検査やチェックをすることができます。もしあなたが歯科金属アレルギーだと判定された場合、お口の中にある金属をセラミックなどの金属を使わない材料に取り替える治療を行ないます。

金属アレルギーテストは皮膚科で受診することができますので、最寄りのかかりつけ医院にご相談ください。

■歯科金属アレルギー対策としての「メタルフリー治療」

現在の歯科治療(保険適用)で主に使用されている材料は「金銀パラジウム合金」で、一般的に「銀歯」と呼ばれているものです。保険が利用できるため比較的安価で、耐久性もあるため長年使用されてきました。

しかし、現代の金属アレルギーへの対策や見た目、または歯肉の色などへの影響など様々な問題が指摘されていることから、金属を使用しないメタルフリー治療 を選択する方が多くなっています。

タワーサイド歯科室では金属を一切使用しないメタルフリー治療(セラミック素材の修復物)を積極的に行っています。

素材についての詳しい特徴はコチラをご覧ください。

http://www.tci-ew-us.com/dhp/nk7/