口腔外科ORALSURGERY

口腔外科とはOVERVIEW

口腔外科では、「親知らず」「抜歯」「顎関節症」「インプラント」「外傷」「のう胞」「腫瘍」等の治療を行います。どの歯科医院の先生も口や歯のプロフェッショナルですが、通常の歯科治療の多くは、むし歯や歯周病を対象としています。 当院では口腔外科の専門の先生の診療日も設けています。また、必要に応じて、歯科専用CTを用いて精密検査を行いますのでご安心ください。

このようなことでお悩みの方へFOR THOSE WHOM

  • ・親知らずがズキズキ痛む
  • ・怪我や事故で歯が折れた
  • ・顎の痛み、口が開かない、音がする
  • ・インプラント治療を受けたい
  • ・口の中にできものがあるので診て欲しい

治療についてTREATMENT

|親知らずの抜歯|

親知らずの抜歯は、ケースによりすぐに治療が終わる場合、時間がかかる場合、大学病院で治療を受けていただく場合など様々です。大切なことは、きちんと検査をしてふさわしい処置を行うことです。当院では、歯科専用CT、デジタルパノラマX線を採用し、確実な診断を行ったうえで、経験豊富な歯科医師が抜歯を行います。
親知らずの周辺から歯周病が悪化する場合や、歯並びに悪影響を与えている場合など、痛みがなくても早めの処置が必要になることがあります。

|歯が折れたときの処置|

交通事故や転倒、スポーツで歯に強い力が加わると、歯や、周りの歯周組織に様々な影響があります。脱臼、破折、歯の埋入、歯の神経の損傷、歯を支える歯槽骨の骨折など、症状は様々です。 こうした場合には、早めの処置をすることで、悪化を防ぐことになりますので早めにご来院ください。歯が折れるなど緊急を要する場合には、急患として随時対応いたします。

|顎関節症の治療|

顎関節症とは、あごの関節がカクカク鳴ったり、口が開きづらかったり、お口の開閉で痛みがあるといった症状を伴う病気です。生活習慣やかみ締めによる筋肉や顎関節への影響など、原因は様々です。またあごの筋肉痛などの軽い症状から、あごの関節の骨が変形する重い症状のものまで、幅広い症状として表れます。 当院ではシーネ(マウスピース)を使用した治療法を行っています。

その他にも以下のようなご相談を受け付けています。
・口の中を怪我したときの処置
・歯の移植
・あごや唇にできるのう胞の摘出
・口の中の粘膜のただれやできものの治療
上記の症状や病気を対象に治療を行なっており、特別な難症例の場合は、大学病院や他院と提携して治療に当たります。

治療を迷われている方へのメッセージMESSAGE

顎関節症などの症状は、すぐに処置を行わなくても、生活に困ることや支障をきたすことはない場合がほとんどです。しかしバランスが悪い、適切な機能をしていない状況を放置しておくと、一定の年齢になった時に様々なトラブルの原因になることがあります。
強いかみ締めが歯周病を悪化させたり、年を取った時には摂食嚥下障害といって「食べ物の飲み込み」がうまくできず、誤嚥性肺炎などを患う場合もあります。気になった場合には早めのご相談をお勧めします。