目立たない矯正・舌側矯正LINGUAL

舌側矯正(裏側矯正)とはOVERVIEW

舌側矯正(裏側矯正)とは、通常の矯正では歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、歯並びを整えていく治療法のことです。歯の表側に装着する金属製のブラケットとワイヤーを、歯の裏側に装着して歯並びを整える矯正治療のことをいい、リンガル矯正ともよばれ審美的にも優れています。
舌側矯正(裏側矯正)は比較的新しい治療法で、歯の表側に矯正装置を装着する治療(表側矯正)と術式が異なり、難易度が高く、高度な技術を必要とします。

舌側矯正(裏側矯正)の特徴FEATURE

  • ・歯の表側に矯正装置を装着するので、矯正が目立ちません。
  • ・歯の表面にダメージが少なく、虫歯になりにくいです。
  • ・前歯が出ているケースでは後方に引っ込めやすいです。

歯の表側に矯正装置を付けた場合は、お口を開けると、矯正装置が多少目につきます。しかし、歯の裏側に装着した場合は、少し口を開けたくらいでは目立つことがないため、周囲の人に気付かれずに矯正治療を行なうことが可能です。
そのため、治療中の装置の見た目による心理的ストレスを軽減することができ、器具への抵抗から矯正が出来ない方や、職業柄、目立つ装置がつけられない方には最適な治療法といえます。

|舌側矯正(裏側矯正)のメリット|

  • 他人に矯正装置がまったくみえない

    1【他人に矯正装置がまったくみえない】

    歯の表側に矯正器具が見えないので、他人に気づかれずに矯正することができます。

  • 虫歯になりにくい

    2【虫歯になりにくい】

    歯の裏側は常に唾液が循環しているため、唾液の静菌作用、殺菌作用により、虫歯リスクを軽減できます。

  • 歯が前に出ている症例では前歯が後退させやすい

    3【歯が前に出ている症例では前歯が後退させやすい】

    固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯を後ろにしっかりと引くことができます。

  • スポーツなどによる外傷がすくない

    4【スポーツなどによる外傷が少ない】

    口元にボールなどがぶつかっても、装置は奥の裏側なので、唇を傷つける事がありません。

  • 舌癌防止ができる

    5【舌癌防止ができる】

    出っ歯の方は、無意識に舌で前歯を押す癖があり、そのせいで、どんどん進行しやすいのですが、奥の裏側に矯正器具があると舌で歯を押すことがなくなります。

|舌側矯正(裏側矯正)の注意点・デメリット|

  • 表側矯正より費用が割高になる

    1【表側矯正より費用が割高になる】

    患者さまひとりひとりに合わせたオーダーメイドの装置による治療のため。

  • 装置が舌に触れるので違和感があり、発音がしにくい

    2【装置が舌に触れるので違和感があり、発音がしにくい】

    一時的に話づらかったりする患者さまもいるようですが、これらは慣れてくれば、通常通りに発音できるようになります。

  • 食事や歯磨きがしづらい

    3【食事や歯磨きがしづらい】

    特に麺類や細いもやしなどが、矯正器具に絡まってしまうなど食事がしづらいと感じる場合もありますが、正しいブラッシングでケアできます。

  • 治療期間が長くなる場合がある

    4【治療期間が長くなる場合がある】

    裏側矯正の矯正器具を付けている期間を動的治療期間といい、その後には保定期間という矯正器具を外した後の経過を見る期間が存在します。
    このうち動的治療期間は、表側矯正に比べ、長い期間が必要になることがあります。

|舌側矯正(裏側矯正)FAQ|

  • Question

    裏側矯正は表側矯正より治療期間が長くなるという話を聞きますが、本当ですか?

    Anwer

    裏側矯正では、歯の裏側の構造が複雑であったり、見えにくかったりすることで、矯正治療において高度なテクニックや熟練が必要です。そのため、表側矯正に比べると、一般的に治療期間は長くなるのが普通です。

  • Question

    裏側に矯正装置を付けると発音がしにくくなると聞いたのですが?

    Anwer

    発音する時には唇や舌が複雑な動きをしています。歯の表側であっても、裏側であっても、矯正装置を付けることによって、一時的にそれらの動かし方が不自然となり発音しにくくなることはあります。
    特に歯の裏側に装置を付ける舌側矯正のリンガル方式では、装置装着後に発音しにくいと訴えられる方が多いと言えます。しかし、最近は「違和感の少ない発音のしやすい」矯正装置が開発されていますので、こちらを使って治療すれば違和感を軽減することが可能です。

  • Question

    裏側に装置を付けた場合食事がしづらかったり、歯磨きがしにくかったりしませんか?

    Anwer

    初めて矯正装置をつけられた時には個人差がありますが、今までとお口の中の環境が変わることから慣れるまでは食べにくかったり、歯磨きがしづらいこともあります。
    裏側歯科矯正の場合、従来の装置では形態が複雑で大きいために食べ物が引っかかりやすかったり、歯ブラシが入りにくいことから磨き残しが多く歯ぐきが腫れやすかったりしました。
    しかし最近は矯正装置が改良され、シンプルで小さい形態の装置が開発されているため、このような心配も減って、矯正歯科治療中も快適に過ごすことができるようになってきています。

  • Question

    歯科医院で「あなたの場合は裏側からの矯正治療は出来ません」と言われました。そうなのでしょうか?

    Anwer

    基本的に表側から治療出来る場合は、裏側からの治療は可能です。

  • Question

    矯正治療は医療費控除の対象になりますか?

    Anwer

    当院で行う矯正治療は、ほとんど全て医療費控除の対象となります。
    詳しくは、国税庁のホームページ等にてご確認下さい。

  • Question

    治療期間はどのくらいかかりますか?.装置装着後は、どれくらいのペースで通院が必要ですか?

    Anwer

    期間は歯の状態により個人差があります。矯正治療の調整は、1ヶ月~2ヶ月に一回の通院になります。装置が外れたり、お痛みがある場合には、予約日以外でも拝見致しますのでご連絡下さい。
    キャンセル等でご来院の間隔が空いてしまいますと、治療期間が延びてしまう可能性がありますので、ご予約日にお越しくださいますようご協力お願い致します。

  • Question

    差し歯があります。矯正治療に問題ないでしょうか?

    Anwer

    差し歯があっても矯正治療は受けられます。
    矯正治療では歯の根もとから歯を動かしていきます。差し歯は歯の上部のかぶせ物にあたりますので、矯正治療には問題ありません。
    ただ、装置が外れやすい場合や装置の装着方法が差し歯の部分について変わる場合もあります。